(4)南極の生き物たち
南極大陸の80%は氷に覆われています。厳しい気象(寒冷・強風)、養分が少ない。
  その為、植物はコケや地衣類の仲間がかろうじて生える程度です。

それに比べて大陸周辺の海には、とても豊富な植物プランクトンが生息しています。
その植物プランクトンを食す動物プランクトンが大発生します。

動物プランクトン
  「ナンキョクオキアミ」が大量に発生する為、たくさんの海中生物が南極周辺へやってきます。

「鳥類」…ペンギンの仲間、空を飛ぶ種
  世界に生息する6属18種類のペンギンのうち、南極に生息しているのは「コウテイペンギン」「アデリーペンギン」
  「アデリーペンギン」は世話好き、好奇心旺盛で他種のペンギンと一緒でも平気な生物です。
  「ワタリアホウドリ」「ナンキョクフルマカモメ」など空を飛ぶ鳥たちは、亜南極の島々で繁殖をしている。
  また、「オオトウゾクカモメ」のように夏季のみ南極大陸に滞在する種もいます。

「哺乳類」…アザラシ・アシカの仲間、クジラの仲間
  「カニクイアザラシ」「ナンキョクオットセイ」などが生息。
  「カニクイアザラシ」は南極に住む生物の中で、人間の次に多く存在しています。
  「ザトウクジラ」「シャチ」は夏に南極海⇔冬は赤道域を回遊しています。

BACK HOME NEXT